葬儀後の遺産相続

よくある葬儀のトラブル

トップ

葬儀と遺産相続の情報

新着情報

葬儀中の遺産相続争いについて 

葬儀中は、身内同士で遺産相続に関する見苦しい争いはするべきではありません。しかし、資産家の親が亡くなったあとには、子供同士で喧嘩になることが少なくありません。親には人徳があって、誰からも好かれる存在であっても、子どもたちは仲が悪いことはよくあります。何はともあれ、葬儀中は相続に関する争いは休戦にするのが常識であります。話し合いは法要が終わって一段落が済んでからすればよいのです。まずは故人の追善供養を行うのが先決です。遺言書があった場合は、勝手に開封することはできません。遺言執行者となる人を選ぶことも必要です。

相続の話をする際の注意 

葬儀の時に、たまに話を聞くことがあるのですが、相続関係の話するという人がいると思われます。このようなことを話しのはよろしいのかということを考える人も多いと思われます。このような時には、こういった話は後々のためにしたほうがいいのではないかという意見もあるでしょうが、亡くなった人を弔う時間でありますので葬儀の時に言い争いうになるような話題は、亡くなった方を弔うということにはならないようなことにもなりかねませんので、できる限りこういった場では相続の話は出さないのがマナーになります。なくなった人のことを考えることを心がけてください。

暗い花