キリスト教式の葬儀

宗教によって異なる葬儀

トップ / 宗教によって異なる葬儀

葬儀と遺産相続の情報

キリスト教の葬儀の形式 

日本では葬儀は仏教式で行うことが多く、続いて神道式が多いのです。キリスト教式の場合もありますが、形式はかなり異なります。臨終に際しては、枕元に十字架と蝋燭を置いてあげます。カトリックの場合は、病者の塗油を行い、プロテスタントの場合は聖餐式を行います。葬儀を執り行う場合は、カトリックの場合は神父が中心となって聖書を読み上げます。プロテスタントの場合は、牧師が行います。本来のキリスト教では、死後の復活を望むために火葬はしないのですが、最近は土葬だけでなく、火葬を選ぶ場合も増えてきています。日本においては、火葬が一般的です。

キリスト教式での儀式について 

キリスト教式の葬儀は仏式と異なる点が多いです。式では聖歌(プロテスタントでは賛美歌)を歌い、神父(プロテスタントでは牧師)による聖書の朗読や説教、祈祷と献花(仏式の焼香にあたる)が行われます。式が終わると会食や茶話会が行われますが、このときにお酒は出ません。キリスト教式での葬儀では、聖歌や賛美歌の斉唱に参加してください。もし歌うことができなければ聞いているだけでも大丈夫ですが、できるだけ声を出してください。また、死は不幸なことではないという考えがあるためお悔やみは述べず、「安らかな眠りをお祈りいたします」などと述べてください。

暗い花