地域による葬儀の形

今の時代に合った葬儀

トップ / 今の時代に合った葬儀

葬儀と遺産相続の情報

葬儀のマナーについて 

人が亡くなるのは悲しいことです。身内や知り合いなど、親しい人ではなおさらです。そういった場合には、葬儀に参列する必要があります。これは、地域によってかなり扱いが違うのですが、一般的には通夜を行い、その後葬式という流れになります。服装は、黒の喪服を着用して、ネクタイも黒、女性は黒いストッキングを履くようにします。身につけるものは、金属などの派手なものを避けるようにします。今は、自宅で行うスペースがないことも多く、葬儀上などで全てを済ませることができたりします。また、隣組でお手伝いをする地域もあります。

葬儀のマナーについて 

葬儀等の冠婚葬祭が苦手な人は、大抵がマナーをよく知らないという理由からです。時と場合によって挨拶や服装などが違いますし宗教などのしきたりもありますので、必ず守らなければならないというルールはありませんが、これくらいはやっておきたいものというレベルの勉強はしておきたいですね。葬儀ですと、顔見知りの人が参列してるところに遭遇したら、お互いの知り合いに不幸があったわけですから「このたびはご愁傷様です」と挨拶することを心掛けたいものです。