葬儀とその由来とは

葬儀と告別式とお葬式

トップ / 葬儀と告別式とお葬式

葬儀と遺産相続の情報

葬儀と告別式の段取りと違い 

葬儀というものは、仏教式であるならば導師となる僧侶が読経を読み上げて故人の冥福と涅槃寂静を願うものであります。この儀式は宗教色が強いのは明らかですが、続いて行われる告別式に関しては、宗教的な意味合いが薄いのが特徴です。今では、質素な葬儀を済ませてから、あとでお別れ会を開くことが多くなりました。お別れ会は告別式を分離させたようなものです。無宗教で行われることも多く、お葬式のような厳粛さもありません。お別れ会のほうを盛大に行うことで、故人への感謝を伝えるとともに、生前に親交のあった人に対してお礼を伝えるという役割もあります。

告別式の位置づけとその意味 

「お葬式」という言葉は、「葬儀」という言葉と「告別式」という2つの言葉が合わさってできた言葉で、お葬式の中身もこの2つが一緒になったものです。ではこの2つはどう違うかと言うと、葬儀はその言葉通り儀式で、亡くなった方の魂を鎮め、冥福を祈る儀式です。厳密にはこれは遺族と親族だけで行うもので、お坊さんが読経を行い遺族と親族が焼香をするものです。一方告別式は亡くなった方に別れを告げる式で、生前に交流があった人や地域の人たちなどの参列者が焼香を行います。ただしこの2つははっきりと分かれていることはほとんどありません。

暗い花