葬儀と遺骨について

葬儀とか火葬後の散骨

トップ / 葬儀とか火葬後の散骨

葬儀と遺産相続の情報

葬儀における散骨について 

葬儀においては、散骨を希望する方が多いといわれていますが、このようなことを行うには現状ではトラブルもあるそうです。散骨を行うときには、陸地で行うといったことになると近隣から、苦情が来るようなことがあり、さっこつ自体が行えないということがあったりするのです。幸い、海や空といった人の生活圏から葉はなられているような場所ではそういった苦情はないようなので、問題なく行えるようですが、周りの迷惑などを考えると、当然には行えるようなものではないようです。ですのでどこで行うのは、葬儀を行う前に決めたほうがいいのであります。

火葬後の散骨に関すること 

葬儀を終えて火葬をしたら、一般的には骨つぼに遺骨を納めてお墓に埋葬しますが、最近では葬儀後に火葬して、遺骨を粉砕して散骨を希望する人が増えてきています。散骨とは海や森、宇宙などの自然界に遺骨を撒きます。法律上、制約がないので場所は自由ですが、近隣住民に迷惑がかからない場所であるか、自然環境に関しても多くの問題が発生しない場所で行うのがマナーであり、遺骨遺棄罪という罪が適用される場合があるので十分な配慮が必要です。実際に行う場合、親族間でトラブルにならないよう、しっかりと話し合うようにします。場所は事前に決めておき、可能な場所なのか確認をしておきます。遺骨は細かくしておき、紙袋に入れておきます。

暗い花