葬儀の歴史と意味

別れの儀式である葬儀

トップ / 別れの儀式である葬儀

葬儀と遺産相続の情報

葬儀を行う意義について 

冠婚葬祭の中でも最も悲しい儀式の一つである葬儀。故人との別れの儀式として、日本でも古くからとりおこなわれています。葬儀を行うことにはどのような意義があるのでしょうか。この儀式は遺族が故人との最後のお別れをする意味を含んでいます。いわば故人を三途の川のほとりまで見送っているようなものと言うことができます。故人が安心して極楽浄土で過ごすことができるようにするための意味も含んでいます。式をとりおこなうのは遺された遺族ではありますが、式の中心は故人にあります。式の全体の規模やイメージに迷った時は、自分たちの好みで

死に対する考え方で葬儀も変わる 

宗教が違えば葬儀の仕方や手順にも違いが出てきます。なぜ違いが出るのかというと、それは生や死に対する考え方の違いがあるからです。仏教やキリスト教など宗教の数だけ生や死に対しての考え方があるし、同じ仏教でも宗派が違えば手順も少しずつ変わってきたりするので、葬儀の手順や仕方も変わります。ですので、故人の信仰を知らないまま勝手なことをしてしまうと、後になってから余計なトラブルを招く恐れがあり、事前に正しい情報をきちんと把握したうえで行動する必要があります。